アフィリエイト・副業

AdSense|要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。の対処方法を詳しく伝授

投稿日:

スポンサーリンク

【Google AdSense】で『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります』と表示された時の対処方法

Google AdSenseで
『収益に重大な影響』と警告!?
対処方法を伝授します!

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google Adsense
『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 』
の対処方法を伝授

Google Adsense
『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 』
警告の対処方法を初心者でもわかりやすく伝授!

Google AdSenseに突如現れた警告メッセージ

『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 』

の警告が出たので、急いでads.txtをアップロードしたが失敗して、更に

『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』

の警告が出て、収益がO円になった当サイト。
”収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正”の警告に「どうしよう~~(汗)」と慌てなくても大丈夫!初心者でもわかりやすい手順で対処方法をお伝えします。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)の上部に警告のメッセージ

 

毎日の日課でGoogle AdSenseのサイトを見てみると、上部にピンク色のメッセージが!

 

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google Adsense
『要注意 - ads.txt ファイルが
含まれていないサイトがあります。』警告を発見!!

Google AdSenseの上部に、小さい文字と優しい背景のピンクで警告が出ていたので、うっかりスルーしてしまうところでした!
キャプチャした画像を貼り付けましたが、文字が小さかったので以下、抜粋。

要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

収益に重大な影響が出ないよう
って書いてある!!

屑美
ぎゃーー!
Google Adsenseさんからの初の警告!

Google Adsenseさんからの初の警告を受けて、ドキドキ!

Google Adsenseの🔔のマークの『通知』を開いてみると

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google Adsenseの
通知をクリック!

やはりGoogle AdSenseから警告のお知らせが届いている‥ということで、急いで対処してみることにしました。

屑美
きゃー!どうしよ!どうしよ!

 

スポンサーリンク

Google AdSense ヘルプにはこう書かれてありました

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

注: ここでご紹介しているのは、Google のサービスをご利用のサイト運営者様が ads.txt を作成される場合の手順です。他の SSP やエクスチェンジをご利用の場合は、そのサービスの運営元にご相談ください。

屑美
筆者はお恥ずかしながらこういった文章を解読するのが苦手です(恥笑)

AdSense 向けの ads.txt を作成する
Google を
自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、
次のように ads.txt を作成します。

テキスト ファイル(.txt)を作成します。
ファイル内に次の 1 行を含めます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。
作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。
ルートレベルとは、Public Suffix List に記載されたドメイン名の 1 つ下のレベルを指します。たとえば「google.co.uk」は「co.uk」のルートドメインですが、「maps.google.co.uk」はそうではありません。

この説明だけで「あーなるほど!理解した(カンタンカンタン)」という方は、この記事は不要かと思います。

筆者は小心者&普段使わない用語羅列されると「???」とパニックになりがちなタイプ。 
ということで、筆者と似たアフィリエイト初心者の方向けに
『AdSense警告:要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』について優しく解説していきたいと思います。

屑美
と、とりあえず手順通りにすすめてみるか‥。

 

ads.txt を作成してドメインのルートレベルにホストする理由は?

Google AdSenseヘルプから抜粋
ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

ads.txtをドメインのルートレベルにホストに設置すれば、サイトのユーザーさんがニセモノの広告に騙されないというメリットと、そうするとサイト運営者側もニセモノの広告で売上がいってしまうのを止めることができるということ?かな。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

ads.txt を設置するメリット

 

スポンサーリンク

まずはads.txt を作成してみよう!

ads.txt 作成手順1
テキストファイルを作成

まずは、自分のパソコン上で『ads.txt』というテキストファイルを作ってみます。

ご自身のパソコンのデスクトップで
右クリック→新規作成→テキストドキュメント
を選ぶとテキストファイルが作成できます。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

テキストファイルを作成する

ads.txt 作成手順2
テキストファイル名を変更

テキストファイル名を『ads.txt』に変更します。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

テキストファイル名をads.txt に変更する。

ads.txt 作成手順3
テキストファイルに書き込む

ads.txt のテキストファイルを開いて、以下の一行を記載して保存。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※『pub-0000000000000000』はご自身のグーグルアドセンスの運営者IDを記載します。

ads.txt 作成手順4
グーグルアドセンスの運営者IDの調べ方

自身のグーグルアドセンスの運営者IDの調べ方の手順は以下になります。

Google AdSenseにログイン

Google AdSenseの左上の三本線のマークをクリック(マーク名を知らない筆者)

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google AdSenseの
左上のこのマークを
クリック



アカウント設定アカウント情報 を選択

サイト運営者IDにpub-〇〇〇〇
google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google AdSenseで
サイト運営者IDを調べる手順

ads.txt 作成手順5
サイト運営者IDをads.txtに

『ads.txt 作成手順4』で調べたGoogle AdSenseのサイト運営者IDをads.txt に書き込みます。
先程作成したads.txtを開き、pub-0000000000000000にご自身のサイト運営者IDを上書きして保存します。

ads.txt のテキストファイル作成は
これで完了!

いよいよ、お次は、このads.txtをドメインのルートレベルでホストします!

 

ドメインのルートレベルでホストする

ドメインのルートレベルでホストって?

ドメインのルートレベルでホストするって、どこでいじれば良いのでしょう。WordPress上?サーバー上?どちらでいじれば良いのでしょう。答えはサーバー上にアップします。

当サイトが利用しているのはXサーバーなのでXサーバーを例にして解説していきます。

メインのルートレベルでホストする手順1
まずは契約しているサーバーのサイトにログインしよう

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

契約しているサーバーの
サイトにアクセスして
ログインする

メインのルートレベルでホストする手順2
まずは契約しているサーバーのサイトにログインしよう

契約しているサーバーの『ファイル管理』をクリック。
※契約しているサーバー会社によって言い回しは異なります。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Xサーバー 
ログイン>ファイル管理

メインのルートレベルでホストする手順3
ドメイン直下(ルートレベル)のファイルを開く

ファイル管理を開いて、ファイル名の中のドメイン直下(ルートレベル)のファイルを開く。

例えば、当サイトだと
①kuzumisan.com のファイルを開く
②public_html のファイルを開く

メインのルートレベルでホストする手順4
ads.txtをアップロードする

手順3でファイルを開いた後、Xサーバーの場合、右側画面にアップロードボタンが表示されます。ファイルを選択のボタンを押して、先程作成したads.txtのテキストファイルをアップロードしましょう。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

ads.txt をルートレベルに
アップロードする

アップロード前に、パスがドメイン直下になっていることを確認しましょう。
パスがこのように表示されていればOKです。
/kuzumisan.com/public_html/  
↑※赤字はご自身のドメイン名で。
 
無事ads.txtのテキストファイルがアップロードされると、以下のように確認することができます。

google adsense 要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

ads.txt アップロード完了

これで、Google AdSenseの『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください』の警告が解消される!?ハズでしたが、新たな警告が出現!

※これで完成ではありません、
続いて以下をお読みください。↓

 

スポンサーリンク

再びGoogle AdSenseから『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』の警告が!

無事ads.txtアップロードはできましたが、「サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。」と警告がでてしまいました。サイト内のGoogle AdSenseの広告が全て非表示になり、この日の収益は0円に!
ということで、急いで以下の方法で対応しました。

ads.txtのエンコード(文字コード)の種類をUnicode(UTF-8)に変更

ads.txt をアップロードする際に、エンコード(文字コード)を utf-8 の形式で保存しなければなりませんでした。

ads.txtのテキストを開き、
『ファイル』→『名前を付けて保存』
→エンコード(文字コード)で
『Unicode(UTF-8)』を選ぶ。
※秀丸だったら『BOMをつけるのチェックをはずす』
→『保存』

google adsense 要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

例:秀丸の場合

google adsense 要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

例:通常テキストの場合

ドメイン直下>public_html>.htaccessに追加の記述

.htaccessの記述の手順

.①現在アップされている.htaccessファイルをダウンロードします。
②.htaccessファイルに以下の内容を追加で書きこむ。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

③.htaccessファイルを普通に保存してしまうと「htaccess」になってしまうので、保存時にファイル名を「.htaccess.」で保存するとファイル名が「.htaccess」になる。
④ドメイン直下>public_htmlの中へアップロード

ads.txtが正しくアップロードされているかチェックする

ads.txtが正しくアップロードされているかチェックする無料のサイトがあります。
下記のURL先で、ご自身のサイトのURLにads.txtを付けてを入力してみてください。
(例)https://ドメイン名/ads.txt

https://fe.datasign.co/adstxt/

上記のチェックサイトでチェックをかけて、正しくads.txtがアップロードされていないと、以下のようなエラーが出ます。

”ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。
または
入力したURLにads.txtが存在していません。

別の方法ですがGoogle検索で https://ドメイン名/ads.txtを検索すると、問題なく表示されていることも確認できます。
ぜひ上記の2つの方法でads.txtが正しく設置されたかを確認してみてください。

 

Google AdSenseの警告はどのぐらいで解決する?

Google AdSenseの警告通知のページには、

変更内容がGoogleのシステムに反映されるまで、最大24時間かかります。すでにこの作業を完了されている場合はどうぞご了承ください。

と書かれておりました。当サイトのエラーは上記の時間の半分のおおよそ12時間後に『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』の警告通知が消えており、解決済みになりました!

google adsense 要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。 警告対処方法 ads.txt ルートドメイン ルートレベルでホストする手順

Google AdSense
警告通知がすべて解決済みに!

屑美
Google AdSenseの警告が消えてよかったぁ♥

Google AdSenseの警告は、これにて解決!

 

それでもGoogle AdSenseのads.txt警告が消えない場合

AdSense ヘルプのサイトでads.txtの設置必須かを調べると(2019年6月現在)以下のように記述がありました。

独自ドメインであれば、ads.txt は設置しなくても問題ありません。間違ったものを設置してしまうと、広告が表示されなくなることがありますので、気をつけてください。設置する必要はないでしょう。

当サイトでは上記の流れで広告が1日だけ表示されなくなりましたので上記の説明通りになり、なんとか正しいads.txtの設置が出来、復活しました。

当サイトのGoogle AdSense ads.txt警告の流れ

Google Adsenseから警告通知
『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 』

↓即対応

当サイト
間違ったads.txtをアップしてしまう。
(原因:ads.txtのアップロード場所を間違えたり、文字コードをUnicode(UTF-8)にしてなかったり‥)

↓一日後

Google Adsenseから再び警告通知
『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』

当サイト
Google AdSenseの広告が全て非表示になり収益が0円に!

↓即対応

当サイト
ads.txtのアップロード場所を正しい位置にして、文字コードをUnicode(UTF-8)に変更し、.htaccessの記述も追加した。

↓12時間後

Google Adsenseの警告通知が解決済みに。
『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』の警告が消え、解決済みと表記。

当サイト
Google AdSenseの広告が表示され収益も復活!

当サイトの場合、試行錯誤を経て、やっとGoogle AdSenseのads.txtの警告が解決済みになりました。当サイトと同じく独自ドメインでXサーバーを利用している方は、同じ手順で解決すると思われます。どうぞ参考にしてみてください♪

屑美
解決済みになったときの、この感動たるや‥♥

 

当サイトおすすめの記事

似顔絵メーカー ゆる女子メーカー アプリ ゆる女子メーカー 作り方

似顔絵メーカー ゆる女子メーカー
かわいい女の子が作れる似顔絵メーカー!

スポンサーリンク

AdSense|要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。の対処方法を詳しく伝授のまとめ

AdSense|要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。の対処方法を詳しく伝授のまとめ

AdSense|要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。の対処方法を詳しく伝授の記事はいかがでしたか?初のGoogle AdSenseの警告に慌てまくり・テンパリすぎな筆者でしたが、一緒にサイト運営してくれているカスジロウ君の冷静なアドバイスにより、なんとか解決することができました。
Google AdSense上で、
『要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください 』の警告と
『要注意 - AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。』の警告が出たら是非この記事を参考にしてくださると幸いです。

屑美
祝!Google AdSenseの警告通知解決♥

投稿者:屑美

-アフィリエイト・副業
-, ,

Copyright© クズいき , 2019 All Rights Reserved.