スポーツ 野球

【プロ野球】ドラフト会議 2019結果 速報 支配下&育成 指名獲得選手一覧と12球団ドラフトの採点

更新日:

2019年令和初のプロ野球ドラフト会議!
結果とMr.ドラフトの採点はいかに?!


2019年令和初のプロ野球ドラフト会議!

2019年令和初のプロ野球ドラフト会議の指名選手一覧

スポンサーリンク

プロ野球 ドラフト会議 2019 結果

2019年のプロ野球ドラフト会議の結果と、筆者が尊敬している、Mr.ドラフトこと、小関順二さんの採点とコメント掲載します。

カスジロウ
ドラフト会議2019も大興奮でした!

 
2019年プロ野球 ドラフト会議を10倍楽しくみる!12球団別 指名予想

セントラル・リーグ ドラフト会議 2019 結果

ドラフト会議2019 結果 速報 指名選手一覧

ドラフト会議2019 結果

読売ジャイアンツ

支配下
1位
堀田賢慎
青森山田高
投手
1回目 奥川恭伸×
2回目 宮川哲×
3回目で交渉権獲得
2位
太田龍
JR東日本
投手
3位
菊田拡和
常総学院
野手
4位
井上温人
前橋高
投手
5位
山瀬慎之介
星陵高
捕手
6位
伊藤海斗
酒田南高
投手
育成枠
平間隼人 徳島インディゴソックス (外野手)
加藤壮太 埼玉武蔵ヒートベアーズ (外野手)

横浜DeNAベイスターズ

支配下
1位
森 敬斗
桐蔭学園高
野手
1回目入札で交渉権獲得
2位
坂本裕哉
立命館
投手
3位
伊勢大夢
明治大
投手
4位
東妻純平
智弁和歌山
捕手
5位
田部隼人
開星高
野手
6位
蛯名達夫
青森大
野手
7位
浅田将汰
有明高
投手
■阪神タイガース
1位
西純也
創志学園高
投手
1回目 奥川恭伸×
2回目で交渉権獲得
2位
井上広大
履正社
野手
3位
及川雅貴
横浜高
投手
4位
遠藤成
東海大相模
野手
5位
藤田健斗
中京学院大中京高
捕手
6位
小川一平
東海大学九州キャンパス
投手
■広島東洋カープ
1位
森下暢仁
明治大
投手
1回目入札で交渉権獲得
2位
宇草孔基
法政大
野手
3位
鈴木寛人
霞ヶ浦高
投手
4位
韮澤雄也
花咲徳治
野手
5位
石原貴規
天理大
捕手
6位
玉村昇悟
丹生高校
投手
育成枠
小野寺暖 大阪商業大(外野手)
奥山こうた 静岡大(外野手・投手)

 

■中日ドラゴンズ
1位
石川昴弥
東邦高
野手
1回目で交渉権獲得
2位
橋本侑樹
大商大
投手
3位
岡野雄一郎
東芝
投手
4位
郡司裕也
慶応義塾大
捕手
5位
竹内龍臣
札幌創成高
投手
6位
岡林勇希
菰野高
投手
育成枠
松田亘哲 名古屋大学(投手)
■東京ヤクルトスワローズ
1位
奥川恭伸
星陵高
投手
1回目で交渉権獲得
2位
吉田大喜
日体大
投手
3位
杉山晃基
創価大
投手
4位
大西広樹
大商大
投手
5位
長岡秀樹
八千代松陰高
野手
6位
武岡龍世
八戸学院光星
野手

ドラフト会議2019 結果 パシフィック・リーグ

ドラフト会議2019 結果 速報 指名選手

ドラフト会議2019 結果 速報

2巡目で交渉権獲得

■埼玉西武ライオンズ
1位
宮川哲
東芝
投手
1巡目 佐々木朗希×
2位
浜屋将太
三菱日立パワーシステムズ
投手
3位
松岡洸希
埼玉武蔵ヒートベアーズ
投手
4位
川野 涼多
九州学院
野手
5位
柘植世那
Honda鈴鹿
捕手
6位
井上広輝
日大三高
投手
7位
上間永遠
徳島インディゴソックス
投手
8位
岸潤一郎
徳島インディゴソックス
野手
育成枠
出井敏紘 神奈川大(投手)
■福岡ソフトバンクホークス
1位
佐藤直樹
JR西日本
野手
1回目 石川昴弥×
2位
海野隆司
東海大
捕手
3位
津森宥紀
東北福祉
投手
4位
小林珠維
東海大札幌高
野手
5位
柳町達
慶応義塾大
野手
育成枠
石塚綜一郎 黒沢尻工高(捕手)
大関友久 仙台大(投手)
伊藤大将 八戸学院光星高校(内野手)
勝連大稀 興南高(外野手)
船越秀虎 城北高(外野手)
荒木翔太 千原台高(内野手)
村上舜 山形中央高(投手)

2巡目で交渉権獲得

■楽天ゴールデンイーグルス
1位
小深田大翔
大阪ガス
野手
1巡目 佐々木朗希×
2位
黒川史陽
智弁和歌山高
野手
3位
津留崎大成
慶応義塾大
投手
4位
武藤敦貴
都城東高
投手・野手
5位
福森 耀真
九州産業大
投手
6位
瀧中瞭太
Honda鈴鹿
投手
6位
水上桂
明石商
捕手
育成枠
江川侑斗 大分高(捕手)
小峯新陸 鹿児島城西高(投手) 
山崎真彰 ハワイ大(内野手)
澤野聖悠 誉高(外野手)
■千葉ロッテマリーンズ
1位
佐々木朗希
大船渡高
投手
交渉権獲得
2位
佐藤都志也
東洋大
捕手
3位
高部瑛斗
国士舘大
野手
4位
横山陸人
専修大松戸
投手
5位
福田光輝
法政大
野手
育成枠
本前郁也 北翔大(投手)
植田将太 慶応義塾大(捕手)
■日本ハムファイターズ
1位
河野竜生
JFE西日本
投手
1巡目 佐々木朗希×
2巡目で交渉権獲得
2位
立野和明
東海理化
投手
3位
上野響平
京都国際高
野手
4位
鈴木健也
JX-ENEOS
投手
5位
望月大希
創価大
投手
6位
梅林優貴
広島文化学院
捕手
7位
片岡奨人
東日本国際大
野手
育成枠

宮田輝星(こうせい) 福岡大(外野手)
谷岡楓太 オリックスバッファローズ(投手)
樋口龍之介 新潟アルビレックス(内野手)
長谷川僚太 新潟アルビレックス(投手)
興南高校
■オリックスバッファローズ<
1位
宮城大弥
投手
1巡目 石川昴弥×
2位
紅林弘太郎
駿河総合高
野手
3位
村西良太
近大
投手
4位
前ゆきと
津田学園
投手
5位
勝俣翔貴
国際武道大
 
6位
前佑囲斗
津田学園
内野手
育成枠

佐藤一麿 横浜隼人高校(投手)
谷岡楓太 武田高(投手)
中田唯人 大阪桐蔭(投手)
平野大和 日章学院高(外野手)
鶴見凌也 常盤大高(捕手) 
大下誠一郎 白鳳大(外野手)
佐藤優悟 仙台大(外野手)
松山真之 富山GRNサンダーバーズ(投手)

プロ野球 ドラフト会議 2019 Mr.ドラフト小関順二さんの採点

Mr.ドラフト小関順二さんが2019ドラフト結果を今年も採点してくれると思います。その採点と、評価の理由を、上位点数順にまとめますのでお楽しみに!

プロ野球 ドラフト会議 2019 Mr.ドラフト小関順二さんの採点 セ・リーグ編

セ・リーグは2019年のドラフト会議の目玉、奥川を引き当てたヤクルトと甲子園のスター5名を指名した阪神に注目が集まったのではないでしょうか。中日の与田監督は2018年のドラフトの根尾昂に続き、2019年のドラフトでも石川を1位で引き当てたくじ運の強さも見どころがありました。

【ヤクルト 90点】

1位で3球団が競合した奥川恭伸(投手・星稜高)を抽選で引き当てたのが何よりも大きい。キレ味抜群のスライダー、フォークボールなど精度の高い変化球を四隅に集めるコントロールに優れ、ストレートは最速158キロを誇る。
この球速を裏付けるのが今夏の甲子園大会3回戦、智弁和歌山戦のピッチングだ。延長14回を投げ、ストレートは165球のうち78球。このストレートの「平均」球速が150.1キロという速さだったのだ。技巧的なピッチングが評価されながらこれだけレベルの高いストレートを投げ続けられるというところに無限の可能性を感じさせられる。高校生だが、1年目から2ケタ前後勝つ力がある。
2位吉田大喜(日本体育大)、3位杉山晃基(創価大)も即戦力が期待される右腕だ。吉田は最速151キロのストレートで打者を押し込んでいく本格派、杉山はストレートが154キロを記録するが秋のリーグ戦では縦変化の変化球を多投するピッチングに見どころがあった。ともに先発型なので、今年のチーム防御率4.78(12球団中、圧倒的最下位)のヤクルトなら先発の枠に入りそうだ。

【阪神 85点】

1位で奥川恭伸に入札して抽選負け、外れ1位で西純矢(投手・創志学園高)を単独指名した。3年の春、夏は甲子園に出場できなかったが、U-18ワールドカップでは本調子でない佐々木朗希、奥川を押しのけてマウンドに立ち、オープニングラウンドで好投。複数球団の競合も予想された超高校級を抽選なしで獲得できたことは、それ以降の高校生を中心とした指名を後押しした。
2位は夏の甲子園優勝校、履正社高の4番・井上広大(外野手)、3位には「高校生ビッグ4」のひとり及川雅貴(投手・横浜高)、4位は東海大相模高のエースで中心打者の遠藤成(内野手)、5位は甲子園で強肩を披露した藤田健斗(捕手・中京学院大中京高)と、甲子園のスターをずらりと並べた。こんな指名は、阪神のドラフト史上初めてのことだろう。
6位の小川一平(投手・東海大九州キャンパス)もしなやかな投球フォームときれいなストレートの球筋が将来の大化けを期待させる。

【広島 80点】

重複が予想された森下暢仁(投手・明治大)を単独指名できたことが大きい。前肩がまったく開かない投球フォームは今指名選手の中ではナンバーワン。150キロを超えるストレートに多彩な変化球を交えたピッチングは大阪体育大学時代の上原浩治(元巨人)を彷彿とさせる。
2位宇草孔基(外野手)は法政大の1番打者。守備ではスローイングに精彩を欠く面もあるが、クリーンヒットを打っても足を緩めない全力疾走は一見の価値あり。3位鈴木寛人(投手・霞ヶ浦高)は今夏の甲子園大会1回戦、履正社高戦では3回途中で降板したが、その試合を見た苑田聡彦スカウト統括部長が「外れ1位」と言ったほど、将来性を感じさせた。4位韮澤雄也(内野手・花咲徳栄高)など下位指名まで見てもチームの課題を見据えたいい指名をしたと思う。

【中日 75点】

3球団が競合した石川昂弥(内野手・東邦高)の当たりクジを引き当てた。昨年の根尾昂に続く与田剛監督のくじ運の強さがチームの形を大きく変えようとしている。春から夏の成長を感じさせたのが夏の甲子園大会のあとに行われたU-18ワールドカップでのバッティング。木製バットを使用して、春は少なかったレフト方向へ引っ張る力強い打球が増えたのだ。とくに内角低めをキャッチャー寄りで捉える技術の高さには目をみはらされた。
2位橋本侑樹(投手・大阪商業大)は140キロ台後半のストレートより、カーブやチェンジアップ系の変化球のキレに持ち味がある本格派。3位岡野祐一郎(投手・東芝)は青山学院大時代から指名が予想された完成度の高いピッチャーで、とくに評価されているのが制球力のよさ。4位郡司裕也は東京六大学リーグで上位に君臨する慶応大でマスクをかぶり続け、多彩な投手陣の持ち味を十分に発揮させている頭脳派キャッチャーだ。

【巨人 70点】

1位入札で3球団が競合した奥川恭伸(星稜高)、外れ1位で2球団が競合した宮川哲(東芝)を抽選で外し、外れ外れ1位で未完の大器・堀田賢慎(投手・青森山田高)を指名、2位も即戦力より3年先をにらんで太田龍(投手・JR東日本)を指名した。抽選で負けてもすかさず即戦力志向から将来性志向に変える対応の早さは見事と言っていい。
太田は昨年の段階では1位入札候補に挙げられるほど注目度が高かった選手。3位の菊田拡和(外野手・常総学院高)も甲子園未出場のため石川昂弥(内野手・東邦高→中日1位)、井上広大(外野手・履正社高→阪神2位)より下の順位で指名されたが、高校通算58本塁打のパンチ力はヒケを取らない。1位の堀田まで含めて「化ければ大物」を上位で指名できたのは、岡本和真をリーグ屈指の強打者に育て上げたファームの指導者に信頼があるからだろう。

【DeNA 65点】

最初の1位入札、森敬斗(内野手・桐蔭学園高)の名がアナウンスされたとき、「森……」と一瞬間が空いたので「森下暢仁(投手・明治大→広島1位)」と続くと思ったが意表を突かれた。主砲の筒香嘉智のメジャー挑戦が話題になっている今、狙いはそこではないだろうというのが率直な感想だ。来年33歳を迎えるレギュラー遊撃手・大和の後継者指名は評価できるが、少し首を傾げた。
2、3位で大学生投手を指名したのはDeNAらしい。2位・坂本裕哉(立命館大)は大学の先輩で昨年の新人王、東克樹同様、左腕から140キロ台後半のストレートとカーブ、スライダーなどの変化球を操る本格派。3位伊勢大夢(明治大)は森下と両輪を組んで今春のリーグ優勝に貢献したサイドスローと、異なるタイプを指名したのは評価できる。

プロ野球 ドラフト会議 2019 Mr.ドラフト小関順二さんの採点 パ・リーグ編

パ・リーグは2019年のドラフト会議の一番の目玉、佐々木を引き当てたロッテはもちろん、2019年奇しくも最下位だったオリックスの獲得が思わぬ高い評価が。反して楽天の低評価はここ数年で最低評価かもしれません!Mr.ドラフトこと小関さんの力の入ったコメントも注目です。

【ロッテ 95点】

パ・リーグ4球団が競合した佐々木朗希(投手・大船渡高)の交渉権を抽選で獲得したことが大きい。佐々木は私が長い間見てきた中でも最高の速球投手である。夏の岩手大会4回戦、盛岡四高戦で延長12回、194球を投げ、物議をかもしたが、「8回裏に投げた117球目がこの日最速の160キロ」という部分にもっと注目してほしい。
ストレートだけでなくカーブ、スライダー、フォークボールの精度が高く、投球フォームもいいのでコントロールも安定している。来年の7月くらいには一軍に上がっていても不思議でない。
2位佐藤都志也(捕手・東洋大)は強打、強肩、俊足の3拍子が高いレベルで揃っている。一番若いキャッチャーが来季26歳の田村龍弘と宗接唯人なので需要にも合っている。3位高部瑛斗(外野手・国士舘大)は東都2部リーグの新記録、通算129安打を積み上げた安打製造機。ロッテの外野陣は右打者が中心で、左打者で俊足は内野陣を見回しても藤岡裕大くらい。センターからの強肩も目立ち、レギュラーに近い完成度を備えている。

【オリックス 80点】

リーグ最下位に沈んだが、今季3年目の山岡泰輔、山本由伸が飛躍し、育成ドラフト出身の張奕(ちょうやく)、榊原翼、神戸文也も飛躍する兆しがある。こういう乗っているチームはいい指名をする。
1位で3球団が競合した石川昂弥(内野手・中日)を抽選で外し、外れ1位の河野竜生(投手・日本ハム)も抽選で外し、外れ外れ1位で左腕の宮城大弥(投手・興南高)を指名した。オリックスが1位で指名した高校生投手は2008年の甲斐拓哉が最後だったので2011年以来の指名になった。
オリックスの今年のチーム防御率はリーグ5位の4.05だからこのポジションの補充が重要のように思われるが、緊急課題はバッティングのほう。3番大城滉二、4番中川圭太、5番小島脩平というクリーンアップで臨んだ試合を見て、これは一軍の打順ではないと思ったのは6月のこと。それはフロントも同じだったのだろう。
2位紅林弘太郎(遊撃手・駿河総合高)、5位勝俣翔貴(三塁手・国際武道大)は強打者に育つ可能性を秘めたスラッガータイプである。さらに指名した5人の中に社会人の選手が1人もいなかった。これは2018年までの過去10年では初めてのこと。ちなみに、この10年間に指名した社会人は36人。1回平均3.6人の社会人を指名してきたということである。社会人の有益さはよく知っているが、スケールの大きいチームを作りたい今のオリックスには必要がない。覚悟が見えた指名で顔ぶれ以上の得点を与えた。

【西武 70点】

4球団が競合した佐々木朗希(投手・大船渡高→ロッテ)を1位で入札したあと、抽選で外し、外れ1位で2球団が競合した宮川哲(投手・東芝)の交渉権を抽選で獲得した。
今年のチーム防御率4.35はパ・リーグ最下位で、12球団の中ではヤクルトの4.78に次ぐワースト2位。さらに35セーブはリーグ5位、91ホールドは12球団中最下位。先発も弱いがリリーフも相当弱いことがわかる。
1位の宮川、2位の左腕・浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、3位の松岡洸希(BCリーグ武蔵)は速いストレートとキレのある変化球を操るリリーフタイプで、球団の抱える事情に合った人選である。競合覚悟で佐々木に向かったことや宮川を外れ1位で指名したことなど、及第点をあげていい内容だ。
宮川は日刊スポーツ「ドラフト特集号」の中で自身の言葉でストレートの回転数が「いいときは2500~2600くらいです」と語っている。時々テレビ中継で紹介される千賀滉大(ソフトバンク)の回転数が2500弱なのでストレートの伸びに限定すればプロでも上位。即戦力と言っていい。縦変化のスライダー、フォークボール、140キロ台前半のカットボールも威力がある。

【ソフトバンク65点】

超高校級スラッガーの石川昂弥(内野手・東邦高→中日)を抽選で外し、外れ1位で佐藤直樹(外野手・JR西日本)を指名した。今年の都市対抗にJFE西日本に補強され3番中堅手としてスタメン出場し、14打数6安打3打点、打率.429を記録した。今、指名選手の中では岡野祐一郎(中日3位)とともに大会優秀選手にも選出されている。王貞治取締役会長は「走攻守3拍子揃う」と評していたが、都市対抗を見る限りは「走守」はいいが、バッティングは特徴はあまり見られなかった。
2位海野隆司(捕手・東海大)は自らのスローイングを「海(かい)キャノン」とアピールするほど強肩に自信を持っている。今年の大学選手権ではイニング間1.79秒というスローイングを見せ、アマチュア最強の肩を実証。バッティングでは大阪商業大戦でヤクルト4位・大西広樹の140キロストレートをライト前に運び、後続の打者の二塁打で勝ち越しのホームを踏んでいる。3位の津森宥紀(投手・東北福祉大)、5位柳町達(外野手・慶応大)も即戦力の魅力に富んでいる。

【日本ハム 60点】

1年後の目先の勝利でなく将来を睨んだ指名をする日本ハムが珍しく即戦力候補を上位に並べた。「シーズン後、去就が話題になった栗山英樹監督に即戦力をプレゼントしたのか」とはスカイAのドラフト中継のときに滑って出た言葉だが、的は外していないと思う。今年の5位転落は攻撃陣のホームラン不足(12球団中11位の93本)が最大の要因だが、シーズン中盤以降の先発、リリーフ陣の不振もチームの足を引っ張った。
外れ1位河野竜生(JFE西日本)、2位立野和明(東海理化)の左右本格派は去年から上位指名が予想されていた。ともに150キロを超えるストレートと、河野は縦変化のスライダー、立野はフォークボールに威力を秘め即戦力の可能性を感じさせるが、都市対抗の出来がよくなかったこともあり3、4年先の近未来に太鼓判が押せない。。

【楽天 50点】

石井一久GM(ゼネラルマネージャー)が臨んだ2度目のドラフトは解説が難しい。石井氏の主導なら、今回は自分の色を出したかった。もっと直截的に言えば、「どうだ俺の(プロの)眼力」というアピールに見えた。その目はチームの将来より、野球ファンやマスコミに対するアピール(宣戦布告)に見えた。
外れ1位小深田大翔(内野手・大阪ガス)は都市対抗2回戦のJFE東日本戦、2番ショートでスタメン出場し、5打数1安打を記録している。ここで注目したのは脚力。二塁ゴロで一塁到達3.87秒、ライトへのクリーンヒットで4.26秒はプロでもトップレベル。しかし、来季25歳。二塁・浅村栄斗(同30歳)、遊撃・茂木栄五郎(同26歳)の牙城を切り崩せるだろうか。2位黒川史陽(内野手・智弁和歌山高)は右投左打の二塁手で、浅村とは10歳以上の年の差があるので違和感はない。だが、2位より下でも獲れたのでは。

スポンサーリンク

プロ野球大好き芸人 勝手にドラフト2018

プロ野球大好き芸人が、各球団の代表として勝手にドラフト会議を開催!パ・リーグ6球団、各球団大好き芸人が参加し、本番さながらのドラフト会議。2017年も開催し大盛況だったこのイベント、果たして勝手に2018年のドラフト指名はどんな結果になるのか!?
なんと、この番組にもMr.ドラフト小関順二さんが!小関さん一人でセ・リーグすべてを担当しています。しかも一発芸のくじにも参加させられてしまうというアクシデントも!果たしてそのくじの結果はいかに・・・。

スポンサーリンク


Mr.ドラフト小関順二さんの連載著書

Mr.ドラフト小関順二さんは、野球関係の取材、執筆をメインに活動しており、プロ野球だけではなくアマチュア野球にも精通しています。1988年に『ドラフト会議倶楽部』を設立、プロ野球ドラフト会議の直前期になると『模擬ドラフト』を開催しています。アマチュア野球の豊富な知識を生かして、スカイAスポーツで中継される「フレッシュオールスターゲーム中継」「プロ野球ドラフト会議中継」では毎年解説を担当。

カスジロウ
小関さんの解説以外の聞く気が起きない!

野球太郎 No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号(廣済堂ベストムック 429)

野球太郎 No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号(廣済堂ベストムック 429) ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

野球太郎 No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号(廣済堂ベストムック 429)
野球太郎 No.033 2019ドラフト総決算&2020大展望号(廣済堂ベストムック 429)

プロ野球でモノになる奴の法則

プロ野球でモノになる奴の法則 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

プロ野球でモノになる奴の法則
そうだったのか! もっと早く知っていればよかった! こんな後悔をしないために、いま、読んで欲しい野球学。マネをしたい選手、してはいけない選手は誰なのか? なぜ、球の遅いあの投手が勝てるのか? なぜ、150キロでも勝てない投手がいるのか? などなど、野球がうまくなりたいなら、野球をもっと語りたいなら、知っておきたい法則が満載!! スカウトも認めるドラフト分析の第一人者が、膨大な観戦データから導いた、目からウロコの成功法則。

野球力 ストップウォッチで判る「伸びる人材」

野球力 ストップウォッチで判る「伸びる人材」 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

野球力 ストップウォッチで判る「伸びる人材」
打者走者の一塁到達3.90秒、捕手の二塁送球1.83秒ーー野球を読み解く新機軸登場。ストップウォッチで判る真実! 今をときめくスモールベースボールの原点!

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二
いぜん強力打線だが控えが手薄な西武、次世代の主力が見当たらないソフトバンク、今年は旋風を巻き起こしそうなロッテ、内外野ともに年齢バランスが悪い広島、空前の大補強が機能するかが問われる巨人…。
混戦必至の今シーズンのゆくえをドラフト分析の第一人者が膨大な観戦データをもとに鋭く予見する、プロ野球ファン必読の決定版ガイド!

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

プロ野球問題だらけの12球団 2019年版/小関順二
いぜん強力打線だが控えが手薄な西武、次世代の主力が見当たらないソフトバンク、今年は旋風を巻き起こしそうなロッテ、内外野ともに年齢バランスが悪い広島、空前の大補強が機能するかが問われる巨人…。
混戦必至の今シーズンのゆくえをドラフト分析の第一人者が膨大な観戦データをもとに鋭く予見する、プロ野球ファン必読の決定版ガイド!

ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗

ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

ドラフト未来予想図 イチロー、松坂、大谷…… プロ野球12球団の成功と失敗
吉田、根尾、藤原……彼らの運命は予測できる!
プロ野球12球団の「成功と失敗」の歴史を分析、超一流の成長戦略を実践するのはどのチームか?
このチームが人を育てる!プロ野球ドラフト会議では、毎年百人以上の将来有望な若者たちの運命が決まる。

野球太郎 No.031 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号

野球太郎 No.031 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

ド野球太郎 No.031 2019夏の高校野球&ドラフト大特集号
高校生トッププロスペクト99選手名鑑怪物を筆頭に今夏注目の選手をピックアップ
【総力特集】夏の高校野球パーフェクトガイド2019
全国49地区別有望選手ガイド 完全保存版
真夏のヒーローはここから出る! 有望選手800名以上掲載

全国高校野球大図鑑 野球太郎SPECIAL EDITION 2019

全国高校野球大図鑑 野球太郎SPECIAL EDITION 2019 ドラフト会議2019 結果ドラフト会議 2019 速報 採点 12球団 巨人 阪神 タイガース 広島 カープ ベイスターズ 中日 ドラゴンズ ヤクルト 西武 ソフトバンク オリックス ロッテ 楽天

全国高校野球大図鑑 野球太郎SPECIAL EDITION 2019
校野球ファンに向けた“通”になれる決定版!!
名門から新顔まで強豪校を完全網羅!全国49地区の勢力図がまるわかり!
高校野球・各地区の有力校を「甲子園成績」「都道府県および地区大会成績」「プロ野球選手輩出数」「大学・社会人への進路」をもとにポイント、ランキング化。「高校野球の今」がわかるチーム紹介決定版!

 
ゴールデングラブ賞 2019 予想 ベストナイン 2019 も予想

【プロ野球】ドラフト会議 2019結果 速報 支配下&育成 指名獲得選手一覧と12球団ドラフトの採点

【プロ野球】ドラフト会議 2019結果 速報 支配下&育成 指名獲得選手一覧と12球団ドラフトの採点 の記事はいかがでしたか?2019年のプロ野球 ドラフト会議は、1巡目が高校生ばかりだったことが大きな話題になりました。各球団、若手育成に注力していく姿勢が垣間見えます。さて、今回プロ入りが決まった選手達が活躍するのを見るのが楽しみになりましたね。早く来い来い、プロ野球シーズン!

スポンサーリンク

-スポーツ, 野球
-, , , ,

Copyright© クズいき , 2019 All Rights Reserved.